ロト6

ロト6の大きな魅力であるキャリーオーバーのシステムとは

ロト6を購入している人にとって、キャリーオーバーは魅力的なシステムの一つでしょう。ロト6のキャリーオーバーは賞金の最高額が通常の倍になります。通常時の当選金額は最高額が二億円。キャリーオーバーが発生した場合はこれが最大で四億円になります。では、どのような状態でキャリーオーバーが発生するかと言うと、まずひとつは当選金額が法律で定められている最高金額を超えた場合です。この場合は超えた金額がキャリーオーバーされることになります。また、他にも当選した数字に当選者がいなかった場合もキャリーオーバーされます。この場合は特に金額が多い場合もあり、年に数回ではありますが実際に上限の四億円が当選金になる場合も実際に存在します。

いずれにせよ、キャリーオーバーが発生した時の当選金額は購入者が増えることを考えても非常に魅力的です。最高金額の四億円はそれが手にできる日本国内の宝くじとしては数少ないものの一つがロト6なのです。もちろん通常でも一等の当選金額は数千万円に上ります。しかし、せっかく当選するのであればぜひとも四億円という金額を手にしてみたいものです。

日頃ロト6を購入しない人も、キャリーオーバーが発生している時には是非ロト6を購入しましょう!ジャンボ宝くじを上回る当選金額は、夢を見るだけでも十分楽しめるものですよ。もしあなたの手元にその金額が届けられた時には夢の様な生活が待っていることまちがいなしです。

ロト6の販売時間は店頭とインターネットで変わります

ロト6の販売には大きく分けて2つの方法があります。店頭で購入する方法と、ネットで購入する方法です。他の宝くじの場合、ネットで直接購入をすることができますが、ロト6の場合は業者に依頼して代理で購入して貰う方法しかありません。しかし、ネットで購入を考えている人にとっては唯一のネット購入手段です。店頭の購入はほかの宝くじと同様に購入できる時間が決まっています。売り場が閉まってしまえばもちろん購入はできません。店頭販売とネット販売の中間に位置しそうな購入方法が銀行ATMでの購入です。みずほ銀行に口座を保有していればATMでロト6を購入することが可能です。時間帯は決まっていすが、宝くじ売り場は場所によって早く閉まる場合もあるのでATMのほうが確実な場合もあるでしょう。店頭の売り場は早い所では朝5時から販売しているところもあるようです。遅くは22時まで開店しているところもあります。

ネットでの購入は何らかの事情がない限り現時点では現実的ではありません。購入は代行業者に依頼することとなり、手数料やチケットの送料が取られます。他の宝くじ(totoやBIGなど)と同じ感覚で購入することはできないと思っておいたほうが良いでしょう。

いずれはネットでの購入もできるような法整備が行われることは間違いありません。しかしそのタイミングはまだしっかりと決まっているわけではなく、いつ頃から開始になるのかはまだ不透明な状態です。

実際に他の宝くじと同じようにネット上で購入することができるようになれば、24時間購入が可能で購入の手間も省けます。現金を持ち歩かないので購入のリスクも下がります。更に秘匿性も高まることで購入者も増えると考えられます。

今後、早くネットでの購入が可能な状態になれば良いですね。

クイックピックでロト6を当てることはできるのか

クイックピックでロト6の数字を選ぶのは確かに味気ありません。特にロト6で数字を選択することを楽しみの一つと考えている人にとっては、クイックピックはなんだか物足りないと感じることもあるでしょう。しかし、番号を選ぶことが面倒であると考えている人にとっては、こんなに都合の良いものはありません。たった数度の作業で、無作為に数字を選び出してくれるのです。

では、実際にこのクイックピックの当選確率はどのようなものなのでしょう。もちろん、全ての数字を均等に考慮していては同じ当選確率ということになります。しかし、実際の抽選は数字に偏りがあることはよくご存知でしょう。これを考慮して選定した場合や何らかのツールを利用した場合はクイックピックよりも当選する可能性は高くなると考えるのが普通でしょう。数学上の当選確率はもちろん、ツールを使っても、過去のデータから予測をしても、適当に数字を選んでも、クイックピックを使っても同じ確率がはじき出されます。しかし、実際には抽選に使うセット球のパターンデータやそのセットの中での抽出されている番号のデータなどを取り入れたツールやソフトがやはり当選確率は高いということになるのではないでしょうか。

実際の抽選機を見てみればわかりますが、ボールひとつとっても、容器の形状を見ても、無作為に当選番号を選ぶことに注力したツールではありますが、精密さを大前提に作成されたものではないであろうことが容易に想像できます。ボールの投入もガラガラと音を立てて投入するような抽選機です。ということは、投入の時点でボール同士がぶつかり合い、少し傷が入ったり、重心がずれたりしているボールも間違いなくあるのです。11番のボールと18番のボールの重量は全く同じでしょうか。番号が違えばその塗料の分量も変わるので何らかの重量的な違いが出る可能性もあります。ボールの容器との摩擦は番号が書かれている部分と書かれていない部分で変わったりはしないのでしょうか。実際に抽選機を調べたわけではありませんのであくまでも想像の域から脱することはできませんが、このように理論的に考えていけば抽出される番号には偏りが出ることが想像できます。そうすると、クイックピックや適当に選んだ数字よりも、過去のデータを考えて抽出した数字のほうが当選する可能性は高いと考えることができるのです。

結局、クイックピックでは当選する確立は同じですが、当選する可能性は若干低いのではないかと考えられます。少しコストはかかりますが、同じ自動抽出でも過去データを生かした何らかのツールを購入して数字を選ぶことが望ましいということが言えます。

ロト6の抽選時間はあらかじめ決まっています

ロト6の抽選時間は午後6時45分から行われます。年末年始の12月31日から1月3日までの期間を除き、毎週月曜日と木曜日に行われるのです。この抽選時間は何らかの都合で変更されるようなことはほとんどありません。

この抽選の様子はインターネットで動画配信されています。大して面白い内容でもないのですが、どのような動画が流れているのか説明したいと思います。ダウンロードできるファイルは二種類あります。300Kと42K。正直、今の時代にこの2択というのは違和感もありますが、まずはレアな42Kのリンクをクリックしてみました。数秒後、画像は出てきましたが…パソコンのスペックの問題もあるのか全く見れません。画質が恐ろしい状態なのですぐに戻って300Kを選び直しました。真っ暗な画面に白い文字で日付、回数、そして「ロト6数字選択式抽選会」という文字が浮かび上がります。さすが銀行。色気も楽しさも何もありません。画像は進み、小さいステージに透明な容器が置かれた場面に切り替わります。音楽も何もありません。司会の女の人が淡々と抽選会の開催を告げます。そして立会人の紹介。銀行の人並べても違和感があるでしょうからちゃんと外部の人も呼んでいるアピールも含まれます。正直、誰でもいいので別に紹介する必要はないのではと感じます。次に今回の売上金額の読み上げがあります。これは当選金に関わるので読み上げは必要でしょうね。続いてボール投入。そしてボール混ぜます。このあたりから音楽流れますが…とにかくうるさい!ボールの材質と容器の材質を思わず調べてしまったほどうるさい。うるさいのを我慢してかき回した中から一個目を選ぶのを注視します。ボールが選ばれるとお姉さんがツカツカと歩いてきてむんずと玉を掴み、容器から取り出します。このときは音楽はとまります。そしてうるさいガラガラ音もとまります。そして番号読み上げ。画面の下に選ばれた番号が並びます。これを7回繰り返すのです。最後に抽選数字を読み上げ、ボーナス数字を読み上げます。そして当選金額を発表。最後に容器の方をずっと見ていた立会人が振り返って挨拶して終了です。

実に淡々と進んでいきます。ウン千万、場合によってはウン億の当選金がでるのですから、もう少し華やかにやって欲しいとも思いますが、銀行主催の催しですのでこのようなものなのでしょうか。動画を流す必要性が今ひとつ分かりませんが、透明性を確保するという観点から必要なのでしょうね。おそらく。

ロト6攻略のための、ソフト有効利用方法

ロト6の攻略を真剣に考えて高額当選を目指した場合、様々なツールの利用を考えることはあるでしょう。その中でもロト6の抽選番号を予測するソフトは、有効に使えばそれなりに効果を発揮することが考えられます。なぜなら、多くのツールは過去データを参照して次の抽選の数字を予測します。当然、人の力でも過去データを集計して予測を行うことはできますが、やはり正確性となるとツールやソフトの方に軍杯があがるでしょう。更にソフトになるとその予測についても独自の計算が組み込まれている場合があります。単純に過去データのみを参照するだけではなく、更に予測においても一定のポリシーを適用しながら結果を算出していくとなると、より期待度の高い結果が出ることは簡単に予想できます。

では、ツールやソフトを一つ手に入れてそれの結果を買いつづけていればいずれ当選するのでしょうか。

600万通りの中の一つを当てようというのですから、そんなに簡単ではありません。一つのツールで出た番号を買いつづけて当選するのであれば、皆が当選してしまい、当選金は微々たるものになってしまうでしょう。実際に過去のロト6では一等よりも二等の方が当選番号が高額になるということも起こっています。実際に当選したとしても金額が小さくなれば魅力は小さくなってしまいます。

そうならないために必要なのは、一つのツールを使っていかないということです。できるだけ多くのツールを利用し、更に人間の判断(自分の判断)を織り交ぜることが望ましいのです。例えば、確率はこっちの数字のほうが高いけれども、こっちの数字が好きだから違う数字を選んでみようとか、あえて一番確率の高い数字を外してみようといったような判断はツールやソフトにはできません。それを自分自身で交えることで、より予想者の少ない数字のチョイスへと変化させることができるのです。

ロト6の抽選日はあらかじめ決まっています

現在、ロト6の抽選日は毎週二回、月曜日と木曜日です。2011年3月以前は毎週一回、木曜日のみの抽選でした。抽選は年末の12月31日から翌年の1月3日までを除いて毎週行われます。年間を通して期間なく購入することができ、約600万のパターンの中から一つを選び見込み一億円の当選金を狙うゲームです。ロト6が特に魅力的に感じられるゲームシステムの中に、キャリーオーバーという賞金持ち越しのルールがあります。当選者が出なかった場合には賞金は次の当選の際の払い戻し金額に加算され、最高賞金は4億円となるのです。この4億円という金額は、国内の様々な「くじ」の中でもかなり高額な部類に入ります。季節毎に売り出されるジャンボ宝くじの一等賞金が前後賞合わせて3億円であることを考えると、このロト6の4億円という数字はかなり大きいものであろうことは理解できるでしょう。

毎週二回、月曜日と木曜日に行われる抽選の模様はインターネットなどでも見ることができます。1から43までの数字の中から6個が選ばれ、その6個すべてが予想と一致した場合には一等の賞金を受けとることができます。当選金は各等の当選者の数によって変動するため、同じ一等でも毎回金額が違うことも通常です。しかし、キャリーオーバーがなくても最高2億円、前述の通りキャリーオーバーがあれば4億円の高額当選を夢見ることができるのです。

抽選はまず、透明で中の様子を見ることのできる大きな容器に、43個のボールが投入されます。次に投入されたボールを良く混ぜて、そのなかから一つずつ抽選していくという方法で行われます。投入する43個のボールのセットは10種類あり、その中から一つのセットが選ばれて抽選に使われるという方法を取っています。

抽選の様子がインターネットで動画としてみることができるということは、それを見ることで独自の抽選の癖や傾向が掴み取れるかもしれません。当選番号を予想し、番号を選び出すよなツールは無料、有料を含め様々なものがあります。そのツールを使い、更に独自の見解を加えることで、当選への確率をより高めることができるかも知れませんね。

いずれ高額当選を果たし、優雅な生活を送ることを夢見て早速ロト6へ挑戦しましょう。

ロト6の予想ツールの効果的な使い方とそれにより及ぼされる結果とは

探せば多種多様なものが存在するロト6の当選番号予想ツール。皆様はどのようにお使いでしょうか。

予想ツールにはさまざまなタイプのものがあります。過去データをしっかりと予測してセット球の予測からそのセットの当選番号の予測まで行う本格的な予測ツールから、「エイッ!」とボタンを押せば数字が「ズラッ…」と並ぶ何の根拠もないお手軽この上ないツールまで…。

どんなに高額なツールでも、どんなに高性能なツールでも、あくまでも「予測ツール」です。100%はありません。しかーしこれは当選確率が100%でないのと同様に、外れる確率が100%ということもないのです。どんなツールでも、ツールはツールです。そんな数々のツールを使ってこんな番号予測はいかがでしょうか。

ロト6の番号予測ツールを複数用意します。今回は3つのツールを利用したとしましょう。それぞれのツールは6個すべての数字を予測するツールだったとします。それぞれが予測した番号、計18個を見て重なっているものがあればそれは必ず選択します。三つのツールすべてで一致した番号があった場合にはちょっと期待度も高まりますね。そのほかの数字もその18個の中から選びます。一つだけ自分の好きな数字を入れてみるといったのも楽しい選択方法ですね。

他にも更に多数のツールを利用する手もあります。ツールに多数決を取らせるわけです。ツールの内容はともかく、それぞれの専門家(ツールのことです)が厳選した数字を更に厳選するわけですから厳選の度合いもかなりよい感じに煮詰まっているのではないでしょうか。

ツールを利用する場合、ツールが選択した数字をそのまま選ぶ方法もありますがそれで必ず当選するわけではありません。必ず当選するわけではないのであれば、自分の中での遊び心を加えることでより楽しいロト6予測を行うことが可能になります。ストイックに当選を狙いに行くのも良いですが…相手は「くじ」です。子供のころにどきどきしながら買った、駄菓子屋や縁日でのくじを思い浮かべながら楽しく当選を狙ってみてくださいね。

ロト6の過去データから次の当選番号を予測する

どのような競技でも先を予想するのには過去のデータが役立ちます。過去のデータを参照し、しっかりと傾向を把握していけば未来を予測することも可能なのです。これはロト6についても同様のことが言えます。当選番号を予測するのに過去のデータを参照することは非常に有効な当選番号予測の方法の一つといえるでしょう。実際に予測を行うにはさまざまな方法があります。過去のデータを参照の上自ら統計を取る方法もあります。ロト6のツールの中にも過去のデータを参照・集計して次の番号を予測するものもあります。当然、このようなツールは万能ではありません。あくまでもツールの一つと考えて上手に利用する必要があるのです。
「過去のデータを参照する」と一言に言ってもその結果の予測はさまざまです。「過去に何度も出ている数字なので今回は出ないだろう」と予測するのと「過去に何度も出ているので今回も出るだろう」と予測するのは同じデータでもまったく違う結果が出ることは言うまでもありません。ツールについても同じことが言えるでしょう。しかし、どちらが正しいと言うことはできません。さらに結果が出てしまえば正しかったか正しくなかったかという議論を行うことはできますが、それはあくまで「結果論」です。結果を見てあれこれと考えるよりも、それを生かして次はどのような結果を導き出すのかが重要になってきます。

予測の方法の一つにツールをフルに利用する方法があります。ツールそれぞれの選んだ数字を更にデータ化し、数あるツールの結果から最終的な予測を行うのです。ツールの力だけを利用して予測する場合に比べ、自分で選択するという要素が多く含まれるのでロト6の楽しさは満喫できるでしょう。

予想ツールは確かに便利でただ思いつきで数字を選択するよりは確率的にも良いということになるかもしれません。しかし、ロト6の楽しさは自分で数字を選択することにあります。その楽しさを省いてまでツールに頼り切った予想を行うよりは、ツールを上手に利用しつつ自分自身で予測をしていくほうが断然楽しんで続けることができるでしょう。急がず、ゆっくり。でも確実に精度の高い予測へと移行していくことができれば、高額当選も夢ではありませんよ。

ロト6の当選者が当選するために使っているツールとは

すべてのロト6の当選者がただ適当に選択した数字がたまたま当選番号と一致して当選しているわけではありません。ロト6の当選番号には特徴があり、そのときそのときで当選として選択される数字にも傾向があります。その傾向を特に考えずにロト6を購入するよりも、しっかりとデータに基づき予測した数字を選択して購入したほうが当選する可能性はより高くなると考えられます。

では、ロト6のツールにはどのようなものがあるのでしょうか。ロト6のツールにはそれぞれ独自の着眼点から予測を行ったさまざまなツールがあります。フリーソフトで過去の当選番号のデータから予測をしていくものから、有料でセット球の予測や結果を踏まえた上で今後の予想をしていくものなどさまざまです。予測の範囲も次の一回に限った予測をするツールもあれば、これから数回の間の予測を行うツールもあります。

前述の通りこれらのツールにはそれぞれ特徴があります。何に重点をおいてツールを作っているかということは作成業者のサイトに掲載されている場合もあります。同じようなデータを参照していてもまったく違う予想が出る場合もあるのです。しかし、購入する当選番号は1パターンに限られるわけではありません。数々の予測ツールの結果を参照の上、独自に番号を選んでも良いのです。ただただツールが算出した予想結果のみを鵜呑みにするのではなく、独自の予想を加えることでロト6購入の面白さは増大するでしょう。また、繰り返しツールを使っているとそのツールの癖や傾向が見えてくる場合もあります。それが今後も当選番号の選出に生きるようなツールであると判断すれば継続して利用し、そうでなければ結果としてそのツールの利用頻度は下がっていくことでしょう。利用頻度が下がったツールがあるようであれば、また次のツールを探して利用すれば良いのです。

これを繰り返していくことで手元には自分にあったツールが残っていきます。この自分に合ったツールで当選番号の抽出を繰り返していけばいずれ当選することも夢ではありません。

ロト6を当てるために当選番号を研究することの必要性

ロト6はその高額な当選金に合わせて、自分で数字を選択することのできる参加型の宝くじであることから人気があります。通常の宝くじでは自分が購入する番号は選択できないか、選択できたとしてもその幅は限られるのが通常です。しかしロト6の場合自分で番号を選択することができます。自分で数字を選択することが可能であるということは、当選番号の傾向を研究することは当選に近づく非常に有効な手段の一つと考えることがわかるでしょう。もちろん特に当選番号の過去データを参照せず、思いつきで数字を選んで購入することも可能です。しかし、そのような場合は完全に「運」の作用による当選のみということになり、ロト6のせっかくの「数字が選べる」という利点はまったく意味がない当選ということになります。しかしこれは、数字を選べる利点を生かせば運だけではない当選も可能であるということを意味しています。過去のデータを参照し、番号の傾向を研究することで運だけではなくデータの側面からも当選に近づくことができるのです。

ロト6が販売されて間もないころは当選番号の傾向を読み取ろうにも過去データが乏しく、あくまでも確率のデータに頼らざるを得ない状況が続いていました。しかしロト6の開始から5年、10年と時間が経過していくうちにその当選番号の傾向や特徴が過去のデータから読み取れるようになってきたのです。ただ、当選番号を並べて予測をするのではなく、ロト6の抽選方法に合わせた解析ツールも数多く販売されるようになってきました。もちろん、当選を夢見て自分の運にすべてを賭けるのも良いですが、実際に当選するかは別にしてもやはりデータを参照の上数字を選択したほうが良い結果が出てくることは間違いありません。さまざまな種類のツールを生かし、さまざまな角度から当選番号を研究することは当選へ近づく一つの手段と考えられます。

ただ、購入して、ただ外れるのを待つよりも、いろいろ研究をして、さまざまな角度から当選を勝ち取りましょう!

■親しいサイト

カエルでお馴染みの会社さん!どうしても軍資金に困ったらプロミスにおまかせあれ!

このページの先頭へ