ロト6

クイックピックでロト6を当てることはできるのか

クイックピックでロト6の数字を選ぶのは確かに味気ありません。特にロト6で数字を選択することを楽しみの一つと考えている人にとっては、クイックピックはなんだか物足りないと感じることもあるでしょう。しかし、番号を選ぶことが面倒であると考えている人にとっては、こんなに都合の良いものはありません。たった数度の作業で、無作為に数字を選び出してくれるのです。

では、実際にこのクイックピックの当選確率はどのようなものなのでしょう。もちろん、全ての数字を均等に考慮していては同じ当選確率ということになります。しかし、実際の抽選は数字に偏りがあることはよくご存知でしょう。これを考慮して選定した場合や何らかのツールを利用した場合はクイックピックよりも当選する可能性は高くなると考えるのが普通でしょう。数学上の当選確率はもちろん、ツールを使っても、過去のデータから予測をしても、適当に数字を選んでも、クイックピックを使っても同じ確率がはじき出されます。しかし、実際には抽選に使うセット球のパターンデータやそのセットの中での抽出されている番号のデータなどを取り入れたツールやソフトがやはり当選確率は高いということになるのではないでしょうか。

実際の抽選機を見てみればわかりますが、ボールひとつとっても、容器の形状を見ても、無作為に当選番号を選ぶことに注力したツールではありますが、精密さを大前提に作成されたものではないであろうことが容易に想像できます。ボールの投入もガラガラと音を立てて投入するような抽選機です。ということは、投入の時点でボール同士がぶつかり合い、少し傷が入ったり、重心がずれたりしているボールも間違いなくあるのです。11番のボールと18番のボールの重量は全く同じでしょうか。番号が違えばその塗料の分量も変わるので何らかの重量的な違いが出る可能性もあります。ボールの容器との摩擦は番号が書かれている部分と書かれていない部分で変わったりはしないのでしょうか。実際に抽選機を調べたわけではありませんのであくまでも想像の域から脱することはできませんが、このように理論的に考えていけば抽出される番号には偏りが出ることが想像できます。そうすると、クイックピックや適当に選んだ数字よりも、過去のデータを考えて抽出した数字のほうが当選する可能性は高いと考えることができるのです。

結局、クイックピックでは当選する確立は同じですが、当選する可能性は若干低いのではないかと考えられます。少しコストはかかりますが、同じ自動抽出でも過去データを生かした何らかのツールを購入して数字を選ぶことが望ましいということが言えます。

このページの先頭へ