ロト6

ロト6、店頭での購入とネットでの購入で当選確率は変わるのか

ロト6を店頭で購入するのとネットで購入するのとでは当選の確立は変わるのでしょうか。実際にその統計を取っているわけではありませんが…理論上当選確率は変わらないと考えるのが一般的でしょう。そもそもロト6の場合、ネット購入と店頭購入で当選確率が変わる理由がありません。たとえば当選番号が決まっている宝くじのようなものであれば、ネット購入と店頭購入で差が出てくることもあるでしょう。仮に当選確率が同じであっても、販売枚数は店頭での販売が多数を占めるので、結果としてネット購入は当たりにくい(当たりの出る絶対数が少ない)という結果になることが考えられます。しかし、ロト6の場合当選番号は自分で選択することができます。システム自体は均等なシステムで同じ当選番号なわけですから、結果、どちらで購入してもまったく同じであるということがわかります。

しかし、今現在はロト6をネットで直接購入することはできません。元々店頭販売が前提で販売を開始したくじということもあり、法的にネット販売にするのには少し大変なのです。みずほ銀行に口座があれば、ATMで購入することは可能です。多少の手数料を特に気にしないのであれば、購入を代行してくれる業者もあります。

今後法整備が進められネットでの購入が可能になれば、自分の好きな時間に購入することができます。店舗で買えない夜中でも、購入サイトがメンテナンス中でない限りは購入できるのです。現金は必要ありません。カードで購入できるようなサイトもあるでしょう。短時間で購入できるので時間や手間を取られることもありません。紙のチケットを発行するわけではありませんので紛失や盗難の心配もありません。

このように見てみると当選確率は同じといえど、実際に販売が開始されるようになれば、ネットでの購入が断然利点が多いと考えることができます。紙に鉛筆でマークを付けて売り場の人とのコミュニケーションを楽しむのであればそれも良いでしょう。しかし、効率的な購入を考えているのであればネットを利用して購入したいものです。今後、インターネットで購入が可能な時期が来ることを願いつつ、今は業者にお願いするか、ATMで購入するかいずれかの方法で我慢しておきましょう。

このページの先頭へ